指導委員会

コンテスト指導委員会は大会全体の流れを具体的に監督し、指導する。その目的はコンテストの権威、公正、専門性を確保することである。

コンテスト総審査員

Hong Tianfeng FG Venture Managing Partner

  洪天峰氏は2012年に方広キャピタルを創立し、IT技術分野の中期および初期段階の会社に投資に焦点を当てる。前後してリードして投資に参加した。富馳、吉泰科、迪普、雲の訊、連絡インタラクティブなど 20余りのIT業界のトップ プロジェクトを含む。方広を設立する前、洪天峰氏はファーウェイで18年以上勤めた。ファーウェイの副代表取締役、、常務副総裁など職務を歴任した。研究開発、サプライチェーン、購買部門を担当した。深い電気通信、IT産業の研究開発、生産、サプライチェーンと会社全体の運営管理経験を持ち、産業チェーンの価値に精通し、TMT産業の発展に洞察力を持っている。同時に、幅広い業界、企業、政府関係や人脈を蓄積した。

Deng Feng Northern Light Venture Capital Founding partner

  鄧鋒氏は2005年に北極オーロラ ベンチャー キャピタルを設立した。現在、5本のドルファンドと5本の人民元ファンドを主導的に管理し、管理資産は300億人民元を超えている。鄧鋒氏は長期的に早期、科学技術分野の投資に焦点を当てて、世界レベルの中国企業と企業家を育成することに力を尽くしている。ハイテク、インターネット、消費及び健康医療などの分野で数百社の企業への投資をリードしている。

  鄧鋒氏はコンピューター、通信とデータネットワーク産業で15年以上の技術管理経験及び20年近くのベンチャー キャピタル経験を持っている。鄧鋒氏は1997年にスクリーン技術会社(NetScreen)の設立を発起した。当該会社は2001年にナスダックの上場に成功した後、2004年にジュニパーネットワークス(Junniper Networks)に42億ドルで買収された。

コンテスト評価審査団
コンテストの評価審査団は有名なファンド管理チーム、有名な企業家、業界専門家など50人ぐらいの専門家から構成されている(*以下は一部分の評価審査団リストである)日本現地の審査員は決まり次第、追加する予定。
コンテストメンターチーム
決勝に進出するプロジェクトは投資家のメンターがつく。メンターは有名な投資機関からのパートナーで、各メンターはプロジェクトを1~ 2つを選択し、プロジェクトのためにビジネスモデルの最適化、融資スキームの設計及びビジネス計画書の修正などの指導を提供する。日本現地のメンターチームは決まり次第、追加する予定。